サンクチュアリ 丸萬@福原町 神戸市

こんにちは 、揺れて歩くニュース清水哲男です。遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。って、小正月も過ぎとるやないけえと笑ってる方も多いかと思いますが、今年もどうかよろしくお願いいたします。
〈揺れて歩く〉はもちろんですが、今年は新しいテーマのもとさらに活動の幅をひろげてまいります。新しいテーマのもとでの最初の写真展は今年5 月を目指しています。オミクロン株の感染拡大も予断を許さない状況で先行き不透明ですが準備だけは進めていきたいと思います。今回はショートバージョンでお届けします。

INDEX

  1. Prof. 田川文彦の揺れる音楽道「my body」
  2. しみてつコラム「人生は長い」
  3. ご購入のご案内

● ● ●

Prof. 田川文彦の揺れる音楽道

「my body」

「揺れて歩く」 Soundtrack より https://soundcloud.com/yurete_aruku
「my body」私はいくつまで生きるんやろ …… 。カラダというのはほんまに不思議やね。
https://soundcloud.com/yurete_aruku/myaku-my-body

● ● ●

しみてつコラム「人生は長い」


父と母が2人で祝った最後の結婚記念日は2014年12月25日だった。
それは確か60回目の記念日。60回目をダイアモンド婚というらしい。僕自身は結婚してたった6年で家を出たから、その10倍以上の時間を2人で過ごしたことになる。
その時の会話を覚えている。
「すごく⻑い時間やね」と僕。
「いや、ずっと一緒にいたわけやないがな」と父。
「うちは忍耐の連続やったわ」と母。
「忍耐の連続」と言う母の苦労を僕は知っている。
この時はまだ、父の命を蝕みつつあった癌は見つかっていなかった。
「いろいろあったと思うけど、今は幸せか?」と僕。
「それはおかあちゃんに聞いてくれ」と父。
母は笑いながら答えた。
「人生は⻑いということやがな」と。そうしてこう続けたんだ。「おかげさんやな。こんな日をふたりで迎えられるとは思わんかった。ありがとうね」
それから7年が過ぎた。去年のクリスマスは67回目の結婚記念日だったが、母は61回目からをひとりで祝ってきた。
「ダイアモンド婚の次はなんやろねえ」母がつぶやく。
「75回目はプラチナ婚らしい」僕が答えた。
「あと8年か …… 。うちも頑張らなね」小さく声を上げて笑う母。
あと8年で母は106歳になる。決して不可能なことだとは思わない。
「けど」母が言う。
「けど、なに?」僕は母の顔をのぞき込んだ。「おとうちゃん、お前、いつまで待たせるんやって機嫌悪くなるやろね」
苦労ばっかりしてきたのに、夫婦とは不思議なものだと思った。
「人生は⻑いけど、ひとりになってからの方が、ふたりでいた時よりうんと⻑い
わ」
そう言う母に笑顔はなかった。

● ● ●


★「揺れて歩く」ご購入のご案内

「揺れて歩く」応援団にご登録いただいた方から「登録したけれど、本が届かない」というお問い合わせをいただいております。応援団へのご登録はご購入のご予約ではございません。ご購入ご希望の方は下記の各サイトをご利用ください。
なお応援団サイトでは、本送付後の郵便振替でのお支払いお取り扱いができません。応援団サイトでは銀行振込、清水哲男事務所のBookShopでは銀行振込、クレジットカード決済となります。エディション・エフのネット通販ではクレジットカード、各種キャリア決済、PayPal、でのお支払いを選択していただけます。
エディション・エフのブックショップ
「しみてつ応援団」の販売サイト
清水哲男事務所のBook Shop
「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」概要
頁数:192p
体裁:B5変形横型(182mm×210mm)
ISBN:978-4909819086
2020年4月15日 初版発行
価格:2420円(本体2200円+税)
只今送料無料キャンペーン中です!
最後までおつきあいありがとうございました。
本メールマガジンは原則毎月2回隔週にお届けいたします。

● ● ●

======
発行:揺れて歩くニュース編集室
発行者:清水哲男
書籍「揺れて歩く」公式HP
揺れて歩く人々の対話テーブル
【揺れて歩くラジオ】第2、第4金曜日 21:00〜22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です