サンクチュアリ 居酒屋わんこ飲@鹿屋市本町

揺れて歩くニュース清水哲男です。新型コロナウイルスの感染拡大、ずいぶん収まってきたように見えますね。しかしこの1年半のことをふり返ると、いくつものピークを上り降りしてきましたが、その度に次に来るピークがどんどん高くなる、そんな感じがします。長いトンネルだと言った人がいますが、まるで果てしないトレッキングに人類みんなで挑んでいるようです。問題は行き着く先が見えないということでしょうか。だけどあらゆる困難を克服してきた人類の叡智は、この状況を必ず打開するはずです。それを信じて、僕は僕にできることをコツコツやり続けたいと思います。

INDEX

  1. 問いかけ「あなたはどんな自販機が欲しいですか?」
  2. Prof. 田川文彦の揺れる音楽道「madrm」
  3. しみてつコラム「すべての人の人生に」
  4. ご購入のご案内

● ● ●

揺れて歩く人々の問い Vol.28

テーマ:あなたはどんな自販機が欲しいですか?どんな自販機があるとテンションが上がりますか?

清涼飲料水はもちろんアルコールの類から熱々のうどんやカップ麺、ハンバーガー、クレープ、生みたての玉子、タバコ、下着、雑誌……。まちなかには様々な自動販売機があふれています。車やバイクの自動販売機、家の自動販売機があるとどうなるか……。妄想がひろがります。さて、あなたはどんな自販機が欲しいですか? どんな自販機があるとテンションが上がりますか? あるいは、かつてこんな自販機があって盛り上がったという経験はありますか?
==========
今回も揺れて歩く人々から多くのコメントをいただきました。
―――
のっけから質問の趣旨に反し申し訳ないが、自販機を減らして欲しいです。それで生活してる人や生活に欠かせない人もいてそ方々には悪いと思うけど。コンビニがあるから間に合わない?・・・(N.Yさん)
―――
中学時代にテンションが上がったのは住宅街の片隅にあった男性成人向け雑誌の自販機です。昼間はマジックミラーフイルムのせいで商品の表紙が見えないのですが、夜間は・・・(鹿児島市M.Yさん)
―――
今気になっているのは隣県に出来たケーキの自販機です。
カフェやレストランに卸していた業務用ケーキ屋さんがコロナで売り上げが四割も減り打開策として自販機を設置し・・・(京都市Mさん)
―――
欲しい自販機は「釣り餌」(他所はある)、釣行が早朝だったりするので、お店が開いてない時間でも購入できるとありがたい。・・・(西之表市I.Mさん)
―――
詳しくはこちらからどうぞ。https://www.facebook.com/photo?fbid=2091944720944759&set=gm.2148086422007292
コメントもぜひお寄せください。

● ● ●

Prof. 田川文彦の揺れる音楽道 #02

「madam」

 

これを聴くと、きっと眠くなりますよ。。

https://soundcloud.com/user-732034490/madrm

● ● ●

しみてつコラム「すべての人の人生に」


僕はここ数年、難病ALS患者マイクさんと様々な交流を続けてきた。その一部をネット上では「往復書簡」とし、あるいは新聞紙上ではコラムとして発表してきた。ひとえにALSという病気の真実を知ってほしいと思ったからだ。
ALSはここしばらく注目を集めてきた。ALSの恐ろしさ、患者・家族の困難を知ってほしい、理解してほしいと様々な人が声をあげた。しかし僕は、ネットで氷水をかぶる映像を見るにつけ、なんとなく虚しい気分になった。結局ALSの恐ろしさ、難しさを世にひろめたのは、昨年明るみに出た〈ALS患者嘱託殺人事件〉ではなかっただろうか。
もっと突っ込んだ話をすると、ALSだけが理解を得られていない難病なのではない。
脊髄小脳変性症という病気がある。小脳および脳幹から脊髄にかけての神経細胞が徐々に破壊、消失していく病気だ。ALS同様治療法は確立されていない。
ある脊髄小脳変性症患者の日記を本にした『1リットルの涙』が1986年に出版され、2006年には販売部数210万部を超えるベストセラーになった。その間に映画化、テレビドラマ化されたが、ドラマとしての評価は知らないが、脊髄小脳変性症という病名を覚えている人はそう多くないのではないだろうか。僕の印象だが、ドラマは美しいヒロインの悲劇だけがクローズアップされたような記憶しかない。
鹿児島に移り、初めて訪ねた障害を持つ人たちの共同作業所でお茶を出してくれた女性は、脊髄小脳変性症を患っていると聞いた。25年前のことだ。病状は25年をかけて徐々に進行し、彼女は静かに旅立った。彼女に自身の晩年の記憶があったかどうかはわからない。だけどぼくは、彼女の生き様を通して、自分の知らない世界が山ほどあること、いや、知らないことの方が多いことを思い知らされた。
そういう経験を積んできて、僕はすべての人の人生に敬意を払いたいと思うようになった。

● ● ●


★「揺れて歩く」ご購入のご案内

「揺れて歩く」応援団にご登録いただいた方から「登録したけれど、本が届かない」というお問い合わせをいただいております。応援団へのご登録はご購入のご予約ではございません。ご購入ご希望の方は下記の各サイトをご利用ください。

なお応援団サイトでは、本送付後の郵便振替でのお支払いお取り扱いができません。応援団サイトでは銀行振込、清水哲男事務所のBookShopでは銀行振込、クレジットカード決済となります。エディション・エフのネット通販ではクレジットカード、各種キャリア決済、PayPal、でのお支払いを選択していただけます。

エディション・エフのブックショップ
「しみてつ応援団」の販売サイト
清水哲男事務所のBook Shop
「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」概要
頁数:192p
体裁:B5変形横型(182mm×210mm)
ISBN:978-4909819086
2020年4月15日 初版発行
価格:2420円(本体2200円+税)
只今送料無料キャンペーン中です!
最後までおつきあいありがとうございました。
本メールマガジンは原則毎月2回隔週にお届けいたします。

● ● ●

======
発行:揺れて歩くニュース編集室
発行者:清水哲男
書籍「揺れて歩く」公式HP
揺れて歩く人々の対話テーブル
【揺れて歩くラジオ】第2、第4金曜日 21:00〜22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です