【かごんまオンライン本市】が8月30日、開催されます。清水哲男も「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」を携えて参加します。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、書店から足が遠のいたり、読書イベントが開催できなかったり…。本について人と語る機会が少なくなってさみしいこの頃。コロナ禍においても、鹿児島の本文化を盛り上げ、鹿児島ゆかりの著者を応援しようと、実行委員会が立ち上がりました。
<開催概要>
日時:8/30(日)朝10時~12時半(2部構成)
前半10:00~10:30 Facebookライブ配信で出店者紹介
後半10:30~12:30 zoomにて著者と語る会
参加費:無料
出店者:鹿児島県ゆかりの著者・書店員がお薦めの書を携えて登場します
・丸山晃さん「旅をする本ー開こう、心おどる読書の扉ー」
・清水哲男さん「揺れて歩く ある夫婦の一六六日」
・燦燦舎・さめしまことえさん「新ぐるっと一周!九州開運すごろく疫病退散バージョン」
参加方法:
前半の[ライブ配信]は、facebookの「揺れて歩く人々の対話テーブル」ページにアクセスすると視聴できます
後半の[著者と語る会]は、zoomで開催します。https://bit.ly/30RfJYUにアクセスしてご参加ください。著者ごとに〈部屋〉があり、参加者は気になる著者とじっくりお話しできます。スマートフォンの方は事前にZoomアプリをダウンロードしてくださいね。
気に入った本はその場で注文もできます。

8月最後の日曜日は、朝からオンライン本市へ!
30日10時Facebookページ「揺れて歩く人々の対話テーブル」にてお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です